原町聖愛こども園の保育

原町聖愛こども園の保育

理念

みんなに愛される

私たち人間は、神さまによって生命を与えられ、唯一無二の存在として、豊かに守られ愛されています。一人ひとりは、資質も発達段階も異なりますが、みんな尊くかけがえのない存在です。幼いときから自分が自分であることを喜び、自分を信じることができる心が育つよう、一人ひとりの発達の援助を行います。

「模倣」「共感」「やってみたい心」を育てる

子どもは周りの状況をよく見ています。身近な大人や友だちとの関わりの中で共感や模倣をしながら、学習の基礎を身に付けていきます。また、子どもたち自身が感じて、考えて、心を動かして、自発的に行動できる保育を大切にし、生活意欲や豊かな心を育みます。

五感を育てる

原町聖愛こども園は、南に広がる本陣山をはじめ、たくさんの自然に囲まれた豊かな環境の中にあります。神さまが造られたこの自然は、心を和ませてくれる力を持っています。そして、子どもの五感を心地良く揺さぶり、興味や探究心を生み出して、不思議や感動の境地へと導いてくれます。日々生活する園舎内外には、四季折々の草花や自然素材を取り入れて、子どもたちが見て、触って、嗅いで、感じることのできる環境を整えています。

教育保育目標

1養護の行き届いた環境と家庭的雰囲気の中で、子どもの欲求を適切に満たし、生命の保持と情緒の安定を図り、また、健康・安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養う。

2人との関わりの中で、愛と正義、信頼と思いやりを大切にする豊かな心を育み、人権を重んじると共に、自主・協調の態度を養う。

3神さまから委ねられた自然環境についての興味や関心を育て、その善き管理者として共に生きる豊かな心情や態度を培う。

4日常生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり聞いたりする態度、正しい言葉遣い、豊かな表現力を養う。

5音楽、描画、工作(造形)などの体験を通して、豊かな情操・感性・表現力を養い、創造性の芽生えと創意工夫する力を養う。

教育保育のねらい

画像クリックで詳細を表示

礼拝
養護
健康
人間関係
環境
言語
表現

保育のテーマ

2020年度 『空』

循環する自然。「森」「川」「海」「空」を、毎年保育のテーマに掲げ、子どもは体験をはじめ関連するものを調べたり、イメージして製作や表現をしたりする活動をします。
神さまが創造された豊かな自然の摂理を知り、感謝して大切にすることを学べるようにします。

子育てサークル

楽しくお話ししながら制作をしたり、おやつを作ったり、講演会で子育てについてのお話を聞いたりします。ぜひ、みなさんの参加をお待ちしています。

〇時間    9:30~11:30
〇会費    400円/月(親子一組、文集代込み)活動内容によっては別途実費あり
〇入会方法  園にお問い合わせください(0244-22-5090原町聖愛こども園 担当 三浦美幸)
※サポートハウスは園から徒歩2分ほどのところにあります。

月日場所活動内容
4/25(木)サポートハウスサークルについて話し合い
5/16(木)サポートハウス押し花作り
5/30(木)サポートハウス三原色体験
にじみ絵
6/13(木)サポートハウス簡単おやつ作り
6/27(木)サポートハウス押し花壁掛け作り
7/11(木)サポートハウス染色体験
8/22(木)聖愛こども園園庭川、水遊び
9/13(金)聖愛こども園お月見
お楽しみ会
9/28(土)原町第二小学校運動会に参加
10/3(木)サポートハウス織物体験
10/17(木)サポートハウスティシュケース作り
11/16(木)聖愛こども園園庭せいあいまつり
11/28(木)サポートハウスキャンドルづくり
12/5(木)サポートハウスクリスマスリースをつくる
1/9(木)サポートハウス絵本の選び方
※講師 図書館司書
1/16(木)サポートハウス手作りおもちゃづくり
2/3(木)聖愛こども園ホール節分お楽しみ会
2/20(木)サポートハウス雛人形づくり
3/5(木)サポートハウス桜餅づくり
文集作り
3/14(木)サポートハウスお別れ会
文集作り

書類ダウンロード

クスリ依頼書

TOP