子どもたちと 共に生きる

喜びをもって

豊かな将来性を持つ子どもたちの

健やかな成長を見守り、

その人格を尊び、

一人ひとりの平安と幸せを願う

福島県南相馬市の

原町聖愛こども園

新着情報

[保護中]の記事の閲覧については園にお問い合わせください。

掲載写真・内容等の印刷・無断使用はご遠慮ください。

 
 
 
 
 
 

 

 

原町聖愛こども園の保育

原町聖愛こども園の保育

理念

みんなに愛される

私たち人間は、神さまによって生命を与えられ、唯一無二の存在として、豊かに守られ愛されています。一人ひとりは、資質も発達段階も異なりますが、みんな尊くかけがえのない存在です。幼いときから自分が自分であることを喜び、自分を信じることができる心が育つよう、一人ひとりの発達の援助を行います。

「模倣」「共感」「やってみたい心」を育てる

子どもは周りの状況をよく見ています。身近な大人や友だちとの関わりの中で共感や模倣をしながら、学習の基礎を身に付けていきます。また、子どもたち自身が感じて、考えて、心を動かして、自発的に行動できる保育を大切にし、生活意欲や豊かな心を育みます。

五感を育てる

原町聖愛こども園は、南に広がる本陣山をはじめ、たくさんの自然に囲まれた豊かな環境の中にあります。神さまが造られたこの自然は、心を和ませてくれる力を持っています。そして、子どもの五感を心地良く揺さぶり、興味や探究心を生み出して、不思議や感動の境地へと導いてくれます。日々生活する園舎内外には、四季折々の草花や自然素材を取り入れて、子どもたちが見て、触って、嗅いで、感じることのできる環境を整えています。

教育保育目標

1養護の行き届いた環境と家庭的雰囲気の中で、子どもの欲求を適切に満たし、生命の保持と情緒の安定を図り、また、健康・安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養う。

2人との関わりの中で、愛と正義、信頼と思いやりを大切にする豊かな心を育み、人権を重んじると共に、自主・協調の態度を養う。

3神さまから委ねられた自然環境についての興味や関心を育て、その善き管理者として共に生きる豊かな心情や態度を培う。

4日常生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり聞いたりする態度、正しい言葉遣い、豊かな表現力を養う。

5音楽、描画、工作(造形)などの体験を通して、豊かな情操・感性・表現力を養い、創造性の芽生えと創意工夫する力を養う。

教育保育のねらい

画像クリックで詳細を表示

礼拝
養護
健康
人間関係
環境
言語
表現

保育のテーマ

2020年度 『空』

循環する自然。「森」「川」「海」「空」を、毎年保育のテーマに掲げ、子どもは体験をはじめ関連するものを調べたり、イメージして製作や表現をしたりする活動をします。
神さまが創造された豊かな自然の摂理を知り、感謝して大切にすることを学べるようにします。

子育てサークル

楽しくお話ししながら制作をしたり、おやつを作ったり、講演会で子育てについてのお話を聞いたりします。ぜひ、みなさんの参加をお待ちしています。

〇時間    9:30~11:30
〇会費    400円/月(親子一組、文集代込み)活動内容によっては別途実費あり
〇入会方法  園にお問い合わせください(0244-22-5090原町聖愛こども園 担当 三浦美幸)
※サポートハウスは園から徒歩2分ほどのところにあります。

月日場所活動内容
4/25(木)サポートハウスサークルについて話し合い
5/16(木)サポートハウス押し花作り
5/30(木)サポートハウス三原色体験
にじみ絵
6/13(木)サポートハウス簡単おやつ作り
6/27(木)サポートハウス押し花壁掛け作り
7/11(木)サポートハウス染色体験
8/22(木)聖愛こども園園庭川、水遊び
9/13(金)聖愛こども園お月見
お楽しみ会
9/28(土)原町第二小学校運動会に参加
10/3(木)サポートハウス織物体験
10/17(木)サポートハウスティシュケース作り
11/16(木)聖愛こども園園庭せいあいまつり
11/28(木)サポートハウスキャンドルづくり
12/5(木)サポートハウスクリスマスリースをつくる
1/9(木)サポートハウス絵本の選び方
※講師 図書館司書
1/16(木)サポートハウス手作りおもちゃづくり
2/3(木)聖愛こども園ホール節分お楽しみ会
2/20(木)サポートハウス雛人形づくり
3/5(木)サポートハウス桜餅づくり
文集作り
3/14(木)サポートハウスお別れ会
文集作り

書類ダウンロード

クスリ依頼書

 
 
 
 
 
 

 

 

ごあいさつ

ごあいさつ

理事長あいさつ

 
子どもたちと共に生きる喜びをもって
理事長あいさつ

理事長 遠藤美保子原町聖愛こども園は、豊かな将来性を持つ子どもたちの健やかな成長を見守り、その人格を尊び、一人ひとりの平安と幸せを願うことを目的につくられたこども園です。児童は一人の人格として尊ばれ、社会の一員として重んじられなければなりません。そのために必要な良い環境を整えることが私たち大人の責任です。原町聖愛こども園は、創立以来のキリスト教精神に基づいて、養護と教育の一体的展開を図り、豊かな人間性を持った子どもとして育つよう保育しております。さらに、広く地域の子どもたちの健全育成にも心を配り、また私たち自身がこの街の社会的資源として地域の人々に活用して頂けるよう努めております。そのため、育児相談、地域交流活動など育児センター的存在として、家庭や地域の育児を支援する役割を積極的に果たし、乳児保育、障がい児保育をはじめとする社会的ニーズへの対応に取り組んでいます。愛情に満ち、経験に富んだ保育教諭たちは、子どもたちと共に生きることに喜びをもって保育に専心しています。集団保育の中で、正しい社会性と共に、他人を思いやる優しさと勇気を持った子どもを育てるために、理念、環境、人材、積極性において、私たちは民間経営の独自性を活かしつつ、質・量ともに良き保育者・こども園であることに努力を傾注しています。

理事長 遠藤美保子

基本情報

園名 原町聖愛こども園
所在地 〒975-0005
福島県南相馬市原町区二見町1丁目80-1
TEL 0244-22-5090
FAX 0244-25-7023
開園時間 7:15~18:45
設立 1949年10月
定員 90名
職員体制 園長・副園長・事務長・主幹保育教諭・保育教諭・栄養士・調理員・保育助手
事業概要 延長保育(18:15~18:45)※延長保育利用料は別途負担
障がい児保育
設置主体 社会福祉法人 ちいろば会
理事長 遠藤美保子

認定こども園についてはこちらをご覧ください

アクセス

・JP常磐線 原ノ町駅から徒歩13分

 

沿革

1949年10月 旧原町市では最初の認可保育園として開設
1990年社会福祉法人としての許可を受ける
1995年新園舎全面改築を行ない、乳児保育を開始
1999年10月 50周年記念式典
2004年4月園庭開放と子育てサークルを開始
2011年3月11日東日本大震災により無期限休園
2011年5月鹿島区で臨時保育園開園
2011年9月除染
2011年10月自園にて保育園再開
2016年4月幼保連携型認定こども園 原町聖愛こども園に移行

情報公開

評議員・理事・選任解任委員名簿

役員報酬規程


 

お電話でのお問い合わせはこちら024-422-5090
震災前の園についてはこちら

 
 
 
 
 
 

 

 

園での生活

園での生活

一日の流れ

0歳児1・2歳児3・4・5歳児
7:15開園開園開園
登園・視診登園・視診登園・視診
自由遊び自由遊び(こびとさんの手仕事)
午前睡(月齢に応じて)
(授乳・離乳食)係の活動(5歳児)
9:30排泄・手洗い片付け
おやつおやつ礼拝
各クラス活動各クラス教育・保育活動
遊び遊び体操・運動・他
日光浴・沐浴
11:45食事準備(排泄・手洗い)
昼食(授乳・離乳食)昼食当番活動
遊び排泄・手洗い
昼食
着替え排泄・着替え
午睡午睡午睡
14:00めざめめざめ
めざめおやつおやつ
降園準備降園準備
おやつ(授乳)
遊びお祈りお祈り
16:30自由遊び(合同保育)自由遊び(合同保育)自由遊び(合同保育)
午睡(必要に応じて)
18:15延長保育延長保育延長保育
おやつ(授乳)おやつおやつ
18:45閉園閉園閉園

年間行事

画像情報
4月
  • 入園式
  • イースター
画像情報
5月
  • 健康診断
  • 野菜植え
画像情報
6月
  • 花の日・子どもの日
  • ペンテコステ
画像情報
7月
  • 七夕会
画像情報
8月
  • お泊まり会
  • 夏祭り・花火大会
画像情報
9月
  • 運動会
  • お月見お楽しみ会
画像情報
10月
  • 総合避難訓練
画像情報
11月
  • 収穫感謝祭
  • せいあいまつり(バザー)
画像情報
12月
  • クリスマス祝会
  • もちつき大会
画像情報
1月
  • 保育参観
  • 食育体験(味噌造り)
画像情報
2月
  • 節分お楽しみ会
画像情報
3月
  • ひなまつりお楽しみ会
  • お別れ会
  • お別れ遠足
  • 卒園式

上に戻る

 
 
 
 
 
 

 

 

採用案内

採用案内

職員メッセージ

ちか先生

大学4年生になり、就職活動をする中で震災の被害を受けた子どもたちが今どういう生活をしているのか気になり、聖愛こども園を見学しました。子どもたちが笑顔で遊んでいること、またその裏側には先生方の沢山の努力があったことを知り、自分も子どもたちのために役に立ちたいと思い入職を希望しました。

この仕事での一番の喜びは子どもの喜ぶ姿を見れること、そして子どもの笑顔を見て自分も笑顔になり幸せな気持ちになれることです。これから復興していく町に生まれ、育ち、いつしか将来の町や日本を支えていく子どもたちの役に立てることが一番の魅力だと感じています。

できる、できないではなく、「やってみよう」とする姿勢を大切にしているところです。また職員同士で苦手なところをフォローし合い、得意なところを活かす関係ができています。また、園の雰囲気が温かみがあり、装飾に自然物や布を使っています。自分もホッとできる空間であるところです。

家でのんびりと読書をする時もありますが、なるべく休日は外に出かけてリフレッシュするようにしています。友だちとドライブをして、いろいろな場所を観光しながら東北の良さを発見し、東北にいるからこそできることを楽しんでいます。特に冬はウィンタースポーツに挑戦し、プライベートの面でも新しいことにどんどんチャレンジするようにしています。

募集要項

保育教諭

必要資格 保育士、幼稚園教諭
勤務時間 ・08:30~17:15
・07:15~16:00
・10:00~18:45
休日 ・週休二日制(完全)
・夏期特別休暇
・年末年始休暇
・年次有給休暇
給与 短大卒 177,724円
大卒  198,606円
賞与 年2回
福利厚生 ・マイカー通勤可
・通勤費支給
・住宅費補助制度あり
加入保険 健康・厚生・雇用・労災・退職金

現在募集は停止しております。

調理補助

現在募集は停止しております。

 

お電話でのお問い合わせはこちら024-422-5090
採用についてのお問い合わせはこちら
TOP